無窓

無窓白井晟一
四六判 288頁
定価:本体1900円+税
978-4-7949-6753-4 C0052 〔2010年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

戦後のモダニズム建築全盛の潮流に背を向け、哲学的ともいわれる独自の作風を貫き通した建築家・白井晟一。丹下健三とも比され、二人が関与した伝統論争は、当時の建築界に大きな問題を投げかけるものだった。渋谷の松濤美術館、港区の交差点にそびえ立つノアビル、石碑のような佇まいの親和銀行本店(長崎・佐世保)など、圧倒的な存在感にあふれる建築作品を遺している。書家・装丁家としても活躍し、「中公新書」のブックデザインを手掛けたことでも知られる。

本書は、白井が生前に唯一発表した貴重なエッセイ集。伝統論争に大きな視座を与えた「縄文的なるもの」をはじめ、建築と美にまつわる全43編を収録。


★書評掲載

図書新聞2010.10.30(磯崎新氏評)

白井晟一研究所


関連書籍