Category: メディア・出版・本の本Subscribe to メディア・出版・本の本



本なんて読まなくたっていいのだけれど、

本なんて読まなくたっていいのだけれど、

幅允孝 著
四六判 336頁 定価:1,760円(本体1,600円)
978-4-7949-6858-6 C0095 〔2014年〕
本というメディアの力を信じ、本と人とが出会うための環境づくりを生業とする幅允孝さん。デパート、カフェ、企業ライブラリー、はたまた病院にまで好奇心くすぐる本棚をつくってきた。そんな幅さんが、好きな本について、本の仕事について、日常について、語った待望のエッセイ集。



あしたから出版社

〈就職しないで生きるには21〉
島田潤一郎著 装丁:矢萩多聞 装画:ミロコマチコ
B6判並製 288頁 定価:1,650円(本体1,500円)
978-4-7949-6851-7 C0095 〔2014年〕
設立から約5年――。 多くの読書人に支持されるひとり出版社は、どのように生まれ、歩んできたのか。ひとり出版社夏葉社の5年間の歩み。



森を見る力

森を見る力

橘川幸夫著
四六判並製 320頁 定価:1,980円(本体1,800円) 
978-4-7949-6838-8 C0036〔2014年〕
インターネットは社会を便利で快適なものに変えたが、一方で人間の生命力を弱めていないか。「木を見て森を見ず」の言葉どおり、



古本の時間

furuhon

内堀弘著
四六判 272頁 定価:2,420円(本体2,200円)
978-4-7949-6911-8 C0095 〔2013年〕
数知れない古本との出会いと別れ。多くの作家やファンとの交流の歴史。古本の醍醐味と業界の仲間たちを温かい眼差しで描く、珠玉の古本エッセイ集。



書物愛[日本篇]

紀田順一郎編
四六判 336頁
定価:2,090円(本体1,900円)
4-7949-6663-6 C0093 〔2005年〕
「本アンソロジーは、書物固有の魅力を知り抜いた作家による、選り抜きの作品集として愛書家にも読書家にも楽しんでもらえるもの



書物愛[海外篇]

紀田順一郎編
四六判 356頁
定価:2,090円(本体1,900円)
4-7949-6664-4 C0097 〔2005年〕
世界で一冊しかない本。手にとる者の魂をうばう美しい本。人から人へと数奇な運命をたどる本。書物の達人が、本を主題とする知ら



語りの背景

加藤典洋
四六判 296頁
定価:2,090円(本体1,900円)
4-7949-6620-2 C0095 〔2004年〕
膝に猫、手には本、まなざしは同時代へ――。夏目漱石、ヘミングウェイを再読し、村上春樹、よしもとばなな、阿部和重らから21


Scroll Up