Category: メディア・出版・本の本Subscribe to メディア・出版・本の本



私の好きな時代小説

常盤新平
四六判 224頁
定価:本体1900円+税
978-4-7949-6736-7 C0095 〔2008年〕
年を取るにつれ時代小説が好きになっていく。捕物の謎解きに心躍らせ、江戸の町の人情に触れ、今の世から失われたものを懐かしみ



建築探偵、本を伐る

藤森照信
四六判 320頁
定価:本体2600円+税
4-7949-6476-5 C0095 〔2001年〕
建築探偵の少年時代は、山や野や川で泥まみれになっていた。読書とは縁がなく、オンナミテエダと思っていた。大学に進み、その文



ミニコミ魂

串間努編 南陀楼綾繁ほか著 オオキトモユキ絵
A5判 304頁
定価:本体1900円+税
4-7949-4721-6 C0300 〔1999年〕
90年代ミニコミは、大きく変わった。畸人の研究、缶コーヒーの飲みくらべ、アニメソングの収集。現代美術や詩も元気だし、老舗



印刷に恋して

松田哲夫 イラスト・内澤旬子
A5変型 200頁
定価:本体2600円+税
4-7949-6501-X C0072 〔2001年〕
名編集者が、活版、手動写植、グラビアなど、多彩で多様な印刷の現場をルポルタージュ。活版は今でも健在?電算写植がなくなる?



雑誌よ、甦れ

――「情報津波」時代のジャーナリズム

高橋文夫
四六判 272頁
定価:本体1600円+税
978-4-7949-6740-4 C0000 〔2009年〕
「月刊現代」「PLAYBOY日本版」「読売ウイークリー」「論座」など雑誌の休廃刊が相次いでいる。雑誌づくりの現場で仕事を



書物史のために

宮下志朗
四六判 272頁
定価:本体2200円+税
4-7949-6525-7 C0070 〔2002年〕
思想の器としての書物が大きく変貌した三つの時代に焦点をあてて、本を書くことと読むことの歴史を根源からとらえなおす。「貸本



ある愛書狂の告白

ジョン・バクスター 笙玲子訳
四六判 360頁
定価:本体2800円+税
4-7949-2662-6 C0397 〔2004年〕
オーストラリアの片田舎で育った少年が、いかにして愛書家になったか。ロンドン、カリフォルニア、パリと移住しつつ本に熱狂を傾


Scroll Up