ヘンリー八世

――暴君か、カリスマか

陶山昇平 著
四六判並製 322頁
定価:2,310円(本体2,100円)
978-4-7949-7265-1 C0022〔2021年5月25日発売予定〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

悪名高き、国王の真実

500年前のイングランドの王の生涯を知ることは、
「暴君」とは何者であるかを知る手蔓となるだろう…

薔薇戦争による混乱を解決した先王の跡を継ぎ、テューダー朝の第二代国王として即位したヘンリー八世。華やかなルネサンス君主であるはずの彼の治世から決して血なまぐさい印象が拭えないのはなぜなのか。英国王室きっての怪人の生涯に迫った本格評伝。6度の結婚、ローマ・カトリック教会との断絶、忠臣の処刑などで知られる「悪名高き」国王の真実。

「トランプと共通点があると名指しされたヘンリー8世。彼こそが本書の主役である。21世紀のアメリカ大統領と16世紀のイングランド王という立場の違いはあれど、両者に共通するのは、強烈なエゴと自己愛である、しかし、エゴと自己愛は政治的人間の動力源でもある。500年の時を経てトランプがヘンリーと重ね合わされたように、いずれ強烈なエゴの持ち主が現れて、世界を再び騒然とさせるだろう。21世紀に生きる我々は、今後も強力な権力を振りかざすエゴイストやナルシシストたちと対峙していかなくてはならない」(「はじめに」より)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

プロローグ テューダー王朝の幕開け

序 章 王子時代――「冬の王」の膝下で
第一章 フランス遠征――Make England Great Again
第二章 絢爛たる平和と枢機卿ウルジー
第三章 離婚問題――国王陛下の重大事案(キングズ・グレート・マター)
第四章 変貌する王国
第五章 戦火再び
第六章 晩年と死

エピローグ

関連年表
主要参考文献

 

◇陶山昇平(すやま・しょうへい)
1978年生まれ。福岡県太宰府市出身。東京大学法学部卒業。ロンドン大学(UCL)、オックスフォード大学大学院(MSc)修了。現在、総務省審査官。著書に『薔薇戦争 イングランド絶対王政を生んだ骨肉の内乱』(イースト・プレス)。訳書に『薔薇戦争新史』『冬の王 ヘンリー七世と黎明のテューダー王朝』(以上、彩流社)、『テ・デウムを唱いながら エリザベス一世と旧教に殉ずる人々』(未知谷)がある。

Scroll Up