Category: 文化・民俗・宗教Subscribe to 文化・民俗・宗教



踊る大地球

――フィールドワーク・スケッチ

山口昌男
A4判変型 160頁
定価:3,124円(本体2,840円)
4-7949-6388-2 C0039 〔1999年〕
フィールドワークは、ナイジェリアから始まった。インド、フローレス島、種子島、メキシコ、カリブ海、ペルー……。文化人類学者



柳田國男の絵葉書

――家族にあてた二七〇通

田中正明編
B5判 336頁
定価:5,280円(本体4,800円)
4-7949-6654-7 C1095 〔2005年〕
柳田國男が旅先から家族にあてた270通の絵葉書を初公開。柳田が明治37〜昭和26年に国内外で投函した絵葉書には、柳田の知



渚の思想

谷川健一
四六判 240頁
定価:2,310円(本体2,100円)
4-7949-6639-3 C0095 〔2004年〕
日本列島から渚が失われたとき、人の魂も危機をむかえる。現世と「常世」をつなぐ接点、渚。常世は死者の国であると同時に、日本



異界歴程

前田速夫
四六判 432頁
定価:3,080円(本体2,800円)
4-7949-6563-X C0095 〔2003年〕
猛烈なスピードで変化する時代でありながら、聖なるものを渇仰する民族の心が日本文化の古層に息づいている。そうした古俗が突然



芭蕉はどんな旅をしたのか

――「奥の細道」の経済・関所・景観

金森敦子
A5判 464頁
定価:5,060円(本体4,600円)
4-7949-6457-9 C0095 〔2000年〕
実際に芭蕉と曽良はどんな旅をしていたのか。歩いた距離。関所の様子。お金の工面。街道や宿場、川、人々の暮らしは?江戸時代の



江戸の女俳諧師「奥の細道」を行く

――諸九尼の生涯

金森敦子
四六判 288頁
定価:2,090円(本体1,900円)
4-7949-6365-3 C0095 〔1998年〕
京から松島へ。芭蕉の後をたどり「奥の細道」を歩きつづけた女性がいた。遺された紀行から幻の俳人が蘇る。諸九は庄屋の嫁だった



ニッポン秘境館の謎

田中聡
四六判 280頁
定価:2,530円(本体2,300円)
4-7949-6390-4 C0095 〔1999年〕
「秘境」という何とも胸をワクワクさせる響き――そのイメージは高度成長期に多く語られ、ブームを巻き起こした。伊勢、志摩、熱


Scroll Up