Category: 新刊Subscribe to 新刊



工夫の連続

――ストレンジDIYマニュアル

元木大輔 著
A5判並製 212頁 定価:2,145円(本体1,950円)
978-4-7949-7190-6 C0052〔2020年10月〕
デザイン=工夫と捉えれば、誰もが作り手になれる! 自由に形を考えられるフルーツ・ボウルから駅の階段を使った劇場まで、さまざまなスケールのものを自らの手で作り、考えるための画期的なDIYマニュアル。注目の建築家、元木大輔による初の著書!



コロナの時代の暮らしのヒント

井庭崇 著
四六判並製 272頁 定価:1,760円(本体1,600円)
978-4-7949-7191-3 C0095 〔2020年9月〕
いま、新型コロナウィルス感染症禍で、誰もが大きなストレスや不安を抱えながら暮らしています。そこで、さまざまな分野のコツを集め分析・研究してきたプロフェッショナルが、大変な状況のなかでの暮らしをよりよくするヒントを、独自の手法でまとめました。お子さんがいる家庭にも、一人暮らしの方にも役立つ32のヒント。



すこやかな服

マール コウサカ 著
四六判並製 192頁 定価:1,650円(本体1,500円)
978-4-7949-7194-4 C0070〔2020年9月〕
実店舗なし、1着に4メートルの生地を使用、セールをやらない、無料の試着会を開催……。「健康的な消費のために」という姿勢のもと、新しい販売方法で美しい服を世に送り出し続けるファッションブランド「foufou(フーフー)」。大注目のファッションブランドのデザイナーが伝える、「健康的な消費」のかたち。



吉本隆明全集23[1987-1989]

吉本隆明 著
A5判変型・上製 634頁 定価:7,480円(本体6,800円)
978‐4‐7949‐7123-4 C0395〔2020年8月〕
「未知の現在」を追いつめることと追いつめられることのせめぎ合いが急迫する『ハイ・イメージ論』の「II」と、この論考と平行するように書き下ろされた詩人論『宮沢賢治』を収める。月報は、川村湊氏(文芸評論家)、金子遊氏(批評家・映像作家)、ハルノ宵子氏(漫画家)が執筆。第24回配本。



好きな人に触れたくなるのは、どうして?

――北欧に学ぶ恋愛とセックスの本

サビーネ・レミレ 著
枇谷玲子 訳 イラスト:ラスムス・ブラインホイ
A5判並製 124頁 定価:1,760円(本体1,600円)
978-4-7949-7189-0 C0037 〔2020年8月〕
恋する気持ちを楽しんで、相手も自分も傷つけないために、知っておきたい性のこと――告白の注意点から、避妊、性病、ジェンダーやセクシャリティについてまで、イラスト付きで分かりやすく伝える。



先祖返りの国へ

――日本の身体‐文化を読み解く

エバレット・ブラウン エンゾ・早川 著
四六判並製 264頁 定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7188-3 C0095 〔2020年8月〕
なぜ、下駄を履くと「前向き」に歩けるのか? 日本人本来の身体感覚とそこから派生する文化へ立ち戻らんとする「先祖返り現象」とは。明治維新以降失われつつある日本人の持つ身体‐文化をより普遍的な人間の姿から読み解く、電光石火の対談録。



自分の薬をつくる

坂口恭平 著
四六判並製 292頁 定価:1,650円(本体1,500円)
978-4-7949-7184-5 C0095 〔2020年7月〕
誰にも言えない悩みは、みんなで話そう。坂口医院0円診察室、開院します――。「悩み」に対して強力な効果があり、心と体に変化が起きる「自分でつくる薬」とは? 2019年に実際に行われたワークショップを誌上体験。「いのっちの電話」では、なぜ電話をかけた人たちが楽になり、元気になれるのか。その秘密、全部教えます。


Scroll Up