Category: 吉本隆明全集Subscribe to 吉本隆明全集



吉本隆明全集4[1952‐1957]

吉本隆明著
A5判変型・上製 688頁 定価:本体6400円+税
978-4-7949-7104-3 C0395〔2014年9月〕
周到に用意された2冊の詩集『固有時との対話』『転位のための十篇』と、それに続く詩篇、および初期の代表的評論「マチウ書試論」などを収める。「一酸化鉛結晶の生成過程における色の問題」「労働組合問題の初歩的な段階から」など4篇の単行本未収録原稿を収録。第3回配本。



吉本隆明全集7 [1962‐1964]

吉本隆明著
A5版変型 632頁 定価:本体6300円+税 
978-4-7949-7107-4 C0395〔2014年6月〕
第7巻には、重厚な評論「丸山真男論」と、「日本のナショナリズム」を中心とする論考、詩を収める。2篇の単行本未収録原稿(「宍戸恭一『現代史の視点』」「中村卓美『最初の機械屋』」)も収載。第2回配本。



吉本隆明全集6 [1959‐1961]

yzenshu6_cover

吉本隆明著
A5版変型 712頁 定価:本体6500円+税 
978-4-7949-7106-7 C0395〔2014年3月〕
第6巻には、60年安保を挟む「戦後世代の政治思想」「擬制の終焉」などの政治思想評論、作家論、エッセイ群と詩を収める。第1回配本。


Scroll Up